administrator のすべての投稿

株式会社育種園

★Landmark2014年8-9月号に掲載★

育種園

株式会社 育種園

代表:乾 峰久
平井2丁目14-15[mappress mapid=”11″]

TEL:0797-88-0689

HPはこちら→http://www.ikushuen.com

 

造園・外構・土木 設計、施工、管理を行っています。

ここがイチオシ!

CADを使用した図面の作成(プランニング)から施工、アフターケアまですべて弊社スタッフでさせて頂きます。

~既存会員へのメッセージ~

今年1月に代表を交替致しました。江戸時代末期より連綿と続く育種園の5代目として、礎を大切にしながら、あらゆる面に於いて新規開拓にも取り組んで参る所存です。ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

(有)クルーズ「宝塚フィナンシェ」

クルーズ フィナンシェプレミアム

(会議所報Landmark2014年8-9月号 特集掲載)

「モノ・コト・バ宝塚」にも選定されている「宝塚フィナンシェ」。プレーン・ココアの2種類に、きなこ(西谷の黒豆きなこを使用)・レモン・キャラメルを加えた「プレミアム」を本年1月から販売している。宝塚大劇場で設置するサンプルの制作や、WEBショップの新設により、更なる販路開拓を目指す。

有限会社クルーズ

HPはこちら→http://www.cruise22.com/

販売場所:
①宝塚大劇場
②宝塚市役所内売店

宝塚市と「宝塚市がん検診の受診率向上推進企業グループ」との宝塚市がん検診受診促進協定の締結について

がん検診

宝塚市、「宝塚市がん検診の受診率向上推進企業グループ」である株式会社池田泉州銀行、アフラックは、市のがん対策推進により、市民の健康的な生活の実現を図ることを目的として、宝塚市がん検診受診促進協定を平成26年7月23日に締結しました。

この協定の趣旨にご賛同いただける企業及び事業所の参加を募集しています。詳しくは宝塚市健康推進課までご連絡ください。

1.協定締結の目的

宝塚市と「宝塚市がん検診の受診率向上推進企業グループ」は、市のがん対策推進に関する取組みを通じて、相互に連携及び協力を行い、がんに対する正しい知識の普及啓発を促進することにより、市民の健康的な生活の実現を図ることを目的とします。

2.協定締結による連携・協力事項

(協定締結企業の取組)

市と協定を締結した企業等は、次に掲げるいずれかの取組を行うものとする。

(1)顧客窓口におけるパンフレットの配布やポスターの掲示、がん検診の受診勧奨
(2)がん検診の受診啓発イベントの実施
(3)従業員に対するがん検診の受診勧奨
(4)系列企業や取引企業等に関するがん検診の受診勧奨
(5)その他、がん検診の受診啓発に関わる積極的な取組

(市の支援)

市は、協定を締結した企業等に、次に掲げる支援を行うものとする。

(1)がん検診に関する情報提供
(2)市のホームページや広報誌に企業等の名称や取組内容を掲載
(3)企業等の商品パッケージ、広告等に「宝塚市がん検診受診促進協定締結企業」等である旨の表示を認める。

【お問い合わせ先】
宝塚市健康推進課(市立健康センター)
0797-86-0056(直通)
担当:橋詰・斎藤

キャラメルカフェ株式会社(突撃!私の経営伝 Landmark2014年5-6月号掲載)

ほんわかした印象だが、趣味はFXだという堀井氏 (HP用)

キャラメルカフェ株式会社

代表取締役:堀井 美保

HPはこちら→http://caramelcafe.co.jp

Facebookページはこちら

TEL:0797-20-0448
中筋9-1-8-102[mappress mapid=”4″]

営業時間:9:00~17:00 土日祝休

フランス産マセズ生トリュフチョコレート

2013年度「関西IT百選」で優秀賞を受賞したキャラメルカフェ株式会社の堀井美保氏。後日、ビジネスを成功させるに至った裏側をインタビューした。

■売上1億円を達成

11歳から22歳までの、男2人・女2人の4児の母である堀井氏。育児と両立しやすい仕事を、とネットオークションで家にある不用品を販売し始めた。その延長で、やがてアメリカ生まれの会員制倉庫店「コストコ」で仕入れたものをネット販売するビジネスモデルがアメリカにあることを知る。日本ではまだコストコがあまり認知されていなかった時代ではあったが、これは日本でも流行る!と直感し、いち早く起業。今でこそコストコ商品を販売する類似サイトも出現しているが、「先行者」たることで、ネット上の広告やSEO対策に腐心せずともお客様から選ばれる会社となっている。売上は毎年1.2~1.3倍で増え続け、東日本大震災を機にネット通販自体の市場規模が拡大する中で売上1億円を達成している。

ウェディングのハーフオーダーケーキ

■セレブ主婦の心をつかむ

ただ先行者であるだけではもちろん追随を受ける。しかし「宝塚からセレブな生活アイテムを、あなたの毎日にお届けします。」という、サイトの上部に記された一文が、お客様から選ばれ続ける理由を物語る。

ターゲットを「30~40代のママ・主婦」、「ちょっとセレブな暮らしがしたい」層にターゲットを絞り込み、イチオシの「フランス産マセズとろける生チョコ」や「カラフル食器」、なかには三輪車「ラジオフライヤー」まで、コストコやIKEAなどから仕入れた豊富な品揃えに反映させている。先に記したとおり、堀井氏は4児の母、従業員3名もみな主婦。「4月には新生活で子供の肌着などがたくさん必要。」などと、ニーズを具体的に想像して品揃えを決定することができるのだ。

また、ネット通販の中には、使い回しのダンボールで梱包をする他社もある中、「届いた時に可愛い!と嬉しくなるような」自社ロゴ入りのダンボールなど、“ちょっとした気配り”が主婦の心を掴む。同封される会社紹介カードには、ネット通販では珍しく堀井氏の写真を掲載し、安心感を醸成。定番アイテムの紹介写真とあいまって、リピートやクチコミを誘発するのに役立っていることだろう。

「キャラメルカフェ」という社名の通り、元はカフェをやりたかったという堀井氏。現在は自家焙煎コーヒー豆の販売という新規事業にも着手しようとしている。「いつかは子供達がそれぞれやりたいことと自分の事業がコラボできれば。」というように、さまざまなシナジー効果で、今後も発展を続けていくだろう。

経営伝2014年5-6月号

Top Works-Body (突撃!私の経営伝 Landmark2014年7月号掲載)

代表の日浦大地さん (HP用)

 

Top Works-Body

代表:日浦 大地
梅野町3-26[mappress mapid=”8″]
TEL:079-720-9667
営業時間:8:00~22:00(不定休)

HPはこちら→http://www.topworks-body.com/

マスターストレッチ (HP用)

 

去る4月14日、宝塚南口の1戸建てを改築してOPENしたトレーニングジム「Top Works-Body」。神戸北野の本店を皮切りに、福岡、神戸元町、そして宝塚店と、2011年から続けて4店舗目のオープンとなった。なぜそのような急成長が可能になったのだろうか。代表の弱冠33歳、日浦大地さんにインタビューした。

■ホテルのような接客で

Top Works-Bodyは完全予約制のパーソナルトレーニングジム。「運動」、「栄養」、「セルフコントロール」の3つの視点から、子供から大人まで全てのお客様が「美」を手に入れるためのお手伝いをしている。NASAのトレーニングでも使われている「パワープレート」、農作業からヒントを得て作られた「ViPR(バイパー)」、姿勢を矯正する「マスターストレッチ」などさまざまなトレーニング器具が用意されており、カウンセリングやトレーニングは毎回マンツーマンで行われる。1対1で運動や栄養に関する知識をきちんと教えるだけでなく、モチベーションを維持してもらうことができ、ほぼ全てのお客様が「2か月でマイナス8kg」などの目標を達成している。

日浦さんを入れて4店舗計6名のトレーナーがいるが、その採用や教育には一番力を入れているという。採用の際にはトレーニングについての知識や経験より、「謙虚さ」と「学ぶ姿勢」を重視。新人研修は福岡で半年間も実施する。例えば「このカメラを買いたくなるようにするセミナーをやってもらう」というような研修を行ったり、失敗談や笑い話もできるようになるよう指導したりすることで、やる気を出してもらい楽しくトレーニングできるような話術を身に付けてもらっている。さらに話術だけでなく、お客様がジムに入ってこられた時の挨拶の感じから体調を察してトレーニングメニューを変えるといった、空気感を読むことも大事にしている。それらにより目指しているのは、ストーリーがあり感動を与えられるような接客だという。

ViPR (HP用)

■異業種とのコラボレーション

ウェディングプランナー、鍼灸院、ステーキレストラン。すべてTop Works-Bodyが連携している業種である。2つのウェディングプランナーの会社からはお客様を紹介してもらい、エステよりも短期間で、選んだドレスにピッタリの体になるためのお手伝いをしている。また、宝塚店の一室には大阪で人気の鍼灸院が併設され、トレーニングと同時に施術が受けられる。さらには、神戸北野本店と同ビル内にある、行列のできる人気ステーキレストランのメニューを提案中。栄養バランスや砂糖の種類まで考え、また食べる順番まで書いたお弁当や、全粒粉パンのバーガーなどが近々お目見えする予定だ。

ハリウッドから始まり、東京では増えてきているというパーソナルトレーニングジム。そのような動向に強みがマッチし、取材をした5月時点でもすでにお客様は15名。さらなる拡大が実現する日もそう遠くないかもしれない。

 

経営伝2014年7月