長生堂「おもてなしギフト」取材に伺いました!!

創業50年来の歴史を持つ老舗てづくり和菓子店

「長生堂」

おもてなしギフトへの出店に伴い、取材にお伺いしてきました!!

昭和38年の創業当初からのこだわりは、できるだけ自分の所で必要な素材を手作りしているところ。
味付へのこだわりは、「温かく濃厚、それでいてさっぱりとさせること」
餡・生地には全て国産最上級のものを使用し、ひとつひとつの和菓子に想いがこもるよう、丁寧に練り上げ完成させます。
何十年にも渡り続けてきたこだわりと、他店を気にすることなく自分を信じて進んできた瀧本さんにとって、もはやそれは「こだわり」ではなく「当たり前」の事となっているのだそうです。

驚いたことは、「和菓子を作るのがこんなに大変なんだ。」ということ。
お店の中の和菓子を手にとったり、じっくり見てるだけではわからなかったのですが、取材を通じて和菓子づくりの大変さを感じることができました。
また、つくる和菓子の種類が変わるたびに、調理具や手を洗って片づけてから次の作業に移っていくのを見て、衛生面にも非常に気を遣っていることがわかりました。

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフト
「練切(ねりきり)」をつくる作業 <代表者の瀧本保さん>
75年に渡り、繊細に力強く餡(あん)をこねてきました。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフト
基本の餡(あん)ですが、ここからレモンやマンゴー、ブルーベリーなどフルーツ味に変わります。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトこねあげた餡(あん)をいったん取り出します。
今回は「 稚児皐月桃(ちごさつきもも) 」を包み込んだ「 モモ大福 」を作ってもらうことにしました。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフト餡(あん)を1つ1つ秤(はかり)に乗せ、同じ重さで手早くそろえていきます。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフト甘い香りのする稚児皐月桃を、ひとつひとつ丁寧に、餡(あん)の中に包み込みます。
<2代目の瀧本勝仁さん>
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトできあがった餡(あん)を、もち粉から作ったアツアツのお餅で包んでいきます。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトお2人の連携プレーで、段取りよくできあがっていきます。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフト最後にモモの形に仕上げ、「 モモ大福 」の完成です。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトモモ大福が完成しました! モデルは瀧本保さんのひ孫さん。
お店の看板になって、お客様を惹きつけています。
 

あつあつのできたてを一口いただきましたが、美味しい。
「さすが」の一言でした。
繊細で温かな、それでいてさっぱりとした味わいに、甘酸っぱい香りが口の中一杯に広がり、長年の技と素材へのこだわりを感じました。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトお店の外観 広い駐車場があり、車でも安心です。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトおもてなしギフトの商品写真を撮影しました。
 

宝塚 和菓子 長生堂 モノコトバ宝塚 宝塚ブランド おもてなしギフトお茶とご一緒にひと時の幸せを・・・。
 

長生堂
〒665-0883
兵庫県宝塚市山本中3-17-9
TEL:0797-80-2111
営業時間 9:00~19:00
定休日 木曜日