「容器」や「包装」を使っていませんか?

製造・小売・卸売・テイクアウトができる飲食店の皆様

「商品を、レジ袋や発砲スチロールのトレー、紙・プラスチックの箱や包み紙などに入れて販売していませんか?」

↓↓↓

製造業:売上高2億4000万円超または従業員21人以上

商業・サービス業:売上高7000万円または従業員6人以上

(パートやアルバイトも含む)

ですか?

↓↓↓

ガラスびん、PETボトル、紙、プラスチック(レジ袋も)

を使っていますか?(それらがついた商品を輸入している場合も含む)

↓↓↓

リサイクルの義務(費用負担)を負う可能性があります!

義務を怠ると、罰則規定が適用されます。(最大で100万円以下の罰金も)

「公益財団法人日本容器リサイクル協会」へのリサイクル委託の契約手続きは、宝塚商工会議所で行うことができます。

少しでも当てはまると感じた事業所の方(会員・非会員問わず)はご連絡ください。

 

個人住民税の特別徴収義務に関するお知らせ

兵庫県と県内すべての市町は連携し、個人住民税の特別徴収を推進しています。

事業主(給与支払者)の皆様には、所得税の源泉徴収と同様に毎月支払う給与から個人住民税を給与天引きし、従業員に代わり市町に納めることが法律で義務付けられています。

特別徴収(給与天引き)は従業員の負担が少なくなる便利な制度であり、手続きも簡単ですので、事業主の皆様には特別徴収をお願いします。

詳しくは下記PDFをご覧ください。

特別徴収のお知らせ

兵庫県・宝塚市

<お問合せ先>宝塚市役所 市民税課

TEL:0797-77-2057(直通)

H27市政への要望を提出

 平成26年10月20日(月)、宮本博司会頭、矢野浩臣副会頭、新谷専務理事、岡本理事・事務局長の4名が宝塚市役所を訪問し、中川智子市長及び北山照昭市議会議長、坂下賢治同副議長とそれぞれ懇談のうえ「平成27年度宝塚市政に対する要望」を手渡しました。

右から中川市長、宮本会頭、矢野副会頭
右から中川市長、宮本会頭、矢野副会頭
右から坂下副議長、北山議長、宮本会頭、矢野副会頭
右から坂下副議長、北山議長、宮本会頭、矢野副会頭

市長、議長とも異口同音に要望内容の重要性は認識している、今後商工会議所と意見交換を通じ実現に努力したいとの思いを述べられました。

要望は、個性と魅力にあふれ、にぎわいと活力に満ちたまちづくりにつながる施策を充実することを目的として内容を検討し、下記の5本柱からなっています。

1.宝塚市産業振興基本条例に基づく産業振興政策の推進について
2.都市機能の維持強化の具体策について
3.既存事業者への支援及び企業誘致の推進について
4.市内建設・造園業・測量設計業等の支援施策について
5.国際観光都市に相応しい集客の創出について

詳細はこちらをご覧ください⇒平成27年度宝塚市政に対する要望

ご当地グルメお披露目!!

宝塚くいしんぼ倶楽部が、開発を進めてきた宝塚の新しいご当地グルメ「たからづかトリプル周年記念コロッケ」を「植木まつり」にてお披露目しました。

去る10月10日(金)~13日(月・祝)に開催されました(13日(月・祝)は、台風接近のため中止)あいあいパークの向かい、山本新池公園にて開催された「植木まつり」の会場に「宝塚くいしんぼ倶楽部」が出店。

「カルボナーラ」「ジェノベーゼ」「ボロネーゼ」の3種類のコロッケを1セット350円で販売しました。

朝早くから、新聞の案内を見たという多くの市民の方々にお越しいただき、宝塚の新しいご当地グルメの「コロッケ」を次々とお買い上げいただきました。

次回は、11月1日(土)に武庫川河川敷で開催される「1万人のラインダンス」の会場で販売する予定です。

お楽しみに!

DSC_1220DSC_1221

(仮称)宝塚SAについて

平成26年9月24日(水)、
宝塚市長と宝塚商工会議所会頭の連名で、
西日本高速道路株式会社関西支社長に対して、
「(仮称)宝塚サービスエリアについて」に関する要望をしました。

その内容は下記の通り

(仮称)宝塚サービスエリアについて

1.休憩等施設の整備にあたっては「宝塚らしさ」を意識した外観や内装、空間の演出に配慮願いたい。

2.休憩等施設内のテナントについては、地元事業者あるいは地元との関連が深い事業者が優先的に参入できるよう配慮願いたい。

3.敷地内で地元地域のPRや特産品等(農産品、花き、植木、加工品、製菓、製パン等を含め)の販売ができるスペースの確保、また飲食店等での地元食材の活用に配慮願いたい。

4.名称については、地域を意識したものとなるよう願いたい。

5.外構の整備にあたっては、植木産地である山本の花き・植木を選定する等配慮願いたい。

6.各施設の整備にあたっては、高齢者や障がい者、子どもや女性など施設利用者の利便性、快適性を意識したバリアフリー化を図るなど、誰もが利用しやすい施設とされたい。

7.敷地内各施設で働く従業員等については、地元地域からの雇用に配慮願いたい。

8.敷地内には、防災面や環境面に配慮した施設の設置を願いたい。

9.一般道側からサービスエリアへの入口部分に設置されるウエルカムゲートからの集客については、利用しやすいものとなるよう配慮願いたい。

以上

Takarazuka CCI official site