「補助金・助成金情報」カテゴリーアーカイブ

【重要】レジ補助金の手続き要件の変更(緩和)について

消費税軽減税率対策補助金(レジ補助金)について

中小企業庁より、中小事業者による対応レジの導入を幅広く促進するため、補助金の手続要件の変更が公表されました。

■変更点
(現行制度)
軽減税率対応レジを「2019年9月30日までに設置(導入・改修)・支払いが完了したもの」が補助対象

(手続き要件変更後)
 軽減税率対応レジについて、①「2019年9月30日までに導入・改修に関する契約等の手続きが完了」し、②「12月16日までに設置・支払いを完了したもの」が補助対象。

詳しくは、中小企業庁ホームページより
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828004/20190828004.html

6/12締切!小規模事業者持続化補助金(平成30年度第2次補正予算)

受付は終了しました

2019年4月25日(木)より公募が開始しましたのでお知らせします。
詳細は日本商工会議所平成30年度第2次補正予算小規模事業者持続化補助金HPをご参照ください。

持続化補助金 平成30年度第2次補正 平成31年 平成31年度 2019年 2019年度 宝塚市 宝塚商工会議所 小規模事業者持続化補助金

専用HP(外部リンク)
日本商工会議所 平成30年度第2次補正予算小規模事業者持続化補助金
https://h30.jizokukahojokin.info/

※公募締切は2019年6月12日(水)ですが、お早めにご相談ください。
採択発表は2019年7月下旬ごろを予定しております。
【相談場所・提出先 ※会員・非会員の区別なく相談・支援します】
申請書類の提出先は宝塚商工会議所 中小企業相談所です。
申請書類の内容や補助対象・対象外経費、書類作成のポイントなどを解説させていただきますので、まずはお電話等(0797-83-2211)にてご相談ください。

宝塚商工会議所 持続化補助金 宝塚市 助成金宝塚商工会議所 持続化補助金 宝塚市 助成金

採択者(個別指導塾コネクト美木聖哉さん)に聞いてきました!平成30年度「兵庫県起業助成金 ふるさと起業・移転促進事業」

平成30年度に公募のあった起業・第二創業を目指すUJIターン起業家向け助成金に、当会員個別指導塾コネクト美木聖哉氏が申請され、有望なビジネスプランであると選定されました。
訪問の折、本音をお聞きしてきました。

平成30年度兵庫県起業助成金 ふるさと起業移転促進事業 兵庫県宝塚市逆瀬川の個別指導塾コネクト 美木聖哉さんの写真
<代表 美木聖哉さん>

『助成金の採択 本音が聞きたい!』

助成金申請のきっかけは
『ネット等で起業助成金の存在を知るも、詳細がよくわかりませんでした。
 そこで商工会議所を訪問し、植村さんから様々な情報をいただきました。
 特にふるさと起業助成金は、申請条件が自分の状況にピッタリで、今しか申請できないものだったので、迷うことなく申請を決意しました。

計画書にあたって苦労したこと、よかったことは
『「競合他社と比較した際の自社の優位性や独創性をわかりやすくまとめる」という作業が特に大変でした。
 おかげで強みを再認識でき、PR方法など新たな発想を得られました。
 作成のたびに植村さんからダメ出しという名の助言。
 まるで千本ノックを受けているかのような心地でしたが、おかげ様でブラッシュアップされ無事に採択されました。

採択されたときのお気持ちはいかがでしたか
『初年度の集客に非常に苦戦し、当初の収支計画を大幅に下回っていました。
 「このままでは経営継続が危うい」と本気の危機感を覚えました。
 そんな中での採択通知は本当に神の救いとも思えるほどのものでした。
 またそれと同時に、「自分の計画が認められた」という事実は精神的な救いにもなりました。

計画実施にあたって苦労したことは
『後発組として競争過多の塾市場に参入していくことは、知名度も実績もない状態で大手競合他社に対抗することであり、根気が必要でした。
 「起業初年度は苦労する」とはよく耳にしますが、「ただお金が減っていくだけの状況」は精神的にかなり厳しかったです。

取組後の成果・変化は
『様々な方より頂いた助言も参考にしながら、地道な作業を継続。
 そうすると徐々に問合せが増え、紹介による入塾なども出てきました。
 そして起業からちょうど1年後には月に20件近くの問合せがくるようになり、大忙しの毎日を過ごしています。

将来取り組みたいことは
『まだまだ粗削りで沢山の改善点があります。
 まずはコネクトのシステムやサービスをさらに充実させ、すべてのご家庭に満足してもらえる環境を目指します。
 また、勉強だけを教える場所ではなく、学生たちが今後の人生を前向きに力強く生きていけるように、私たち自身がどんな困難にも負けずにチャレンジしていく姿勢を示していきたいですね。

兵庫県宝塚市逆瀬川の個別指導塾コネクト 宝塚商工会議所 プラクティステスト
「時間と場所と管理者」仕組みにこだわるプラクティステスト

兵庫県宝塚市逆瀬川の個別指導塾コネクト 宝塚商工会議所 松田教室長の写真
松田教室長と2人3脚で生徒の可能性を伸ばします<教室長 松田和大さん>

<個別指導塾CONNEC+(コネクト)>
 美木 聖哉(みきまさや)さん
 兵庫県宝塚市出身。
 学校も勉強も嫌いだった小学校時代を過ごすも、英語塾との出会いが転機となる。
 学生時代のイギリス・カナダ留学で誰かのきっかけになる存在を目指し塾業界へ。
 10年以上の経験を経て、面倒見第一を信念にもっと生徒1人1人に寄り添いたいとCONNEC+を設立。

〒665-0022 宝塚市野上1-5-10 ラ・ロッカ401B
 電話:0797-61-5261 FAX:0797-61-5271
 HP :https://connec-plus.com/<外部リンク>

兵庫県宝塚市逆瀬川の個別指導塾コネクト 宝塚商工会議所 新聞記事

PDFファイルのダウンロードはこちら(サイズ535KB)

採択者(ダリアジェンヌ中村梓さん)に聞いてきました!平成30年度「兵庫県起業助成金 若手起業家支援事業」

平成30年度に公募のあった起業・第二創業を目指す若手起業家向け助成金に、当会員ダリアジェンヌ中村梓氏が申請、有望なビジネスプランであると選定されました。
そこで、宝塚阪急の催事にご出店の折、お話を伺ってきました。

平成30年度兵庫県起業助成金 若手起業家支援事業 女性起業家 ダリアジェンヌ 中村梓さんの写真

『助成金の採択 本音が聞きたい!』

助成金申請のきっかけは
『補助金については、宝塚商工会議所職員の横山さんが教えてくださったのですが、それまで在庫や資材でいっぱいになってしまっていた部屋を見て、家の離れの一部を改装し、作業スペースなどの確保及び離れの活用を考えていた想いとが合致したため、申請を決めました。』

計画書にあたって苦労したこと、よかったことは
『一つ一つの内容については、常日頃より抱いている想いや課題などを綴りました。
 自分自身の強みは、やはり経歴と地元に対する強い想いなのですが、そこをまとめるのは難しかったです。
 横山さんが私の想いなどを踏まえて、沢山の助言をくださいました。「よろず支援拠点」の細谷さんにも大変お世話になり、より良い方向にと導いてくださいました。』

採択されたときのお気持ちはいかがでしたか
『ホッとしたのと同時に、無駄にならないようにしっかりやらねば、と責任を感じました。
 私の想いを汲み取り、通してくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいになりましたし、勇気をいただきました。』

計画実施にあたって苦労したことは
『将来のことまでをも想定して、取り組んでいくことについてです。
 後々こんなこともしていくであろう、これも必要になってくるであろう、と未知数の可能性のある産業だからこそ、何が必要なのか、いろいろ迷いました。』

取組後の成果・変化は
『現在(2019.3月上旬)催事出店中で、まだ作業場は使用していないのですが、気持ちの中に「これから本腰を入れ直して頑張るぞ!」と意欲が湧いています。
 家族も在庫や資材の山が作業場に移るということで、多分一番安堵しているのではないでしょうか(笑)』

将来取り組みたいことは
『もっとダリアの花や葉、根を活用できる商品を開発していければと思います。
 地元と街をつないで、地域の活性化に貢献できてこその事業なので、もっと成果をあげられるよう精進したいですし、地元でのイベントを盛り上げられるような仕掛けもしていきたいです。』

平成30年度兵庫県起業助成金 若手起業家支援事業 女性起業家 ダリアジェンヌ 中村梓さんの写真
ダリア球根から生成された石鹸「ダリアジェンヌ」

平成30年度兵庫県起業助成金 若手起業家支援事業 女性起業家 ダリアジェンヌ 中村梓さんの取材の様子
取材の様子

<ダリアジェンヌ>
 中村 梓(なかむらあずさ)さん
 兵庫県宝塚市上佐曽利出身。
 宝塚歌劇団で活躍後、上京して介護福祉士になる。
 結婚を機に帰郷し、地元への恩返しをしたいとダリアを使った化粧品関連商品の販売会社を立上げ、全国の注目を集めている。

〒669-1202 宝塚市上佐曽利字大瀬23番地
 E-mail:dahlia-sienne@iris.eonet.ne.jp
 H P :https://ameblo.jp/dahlia-sienne/<外部リンク>
 Shop :https://dahliasienne.thebase.in/<外部リンク>

採択者に聞いてきました 新聞記事 平成30年度兵庫県起業助成金 若手起業家支援事業 女性起業家 ダリアジェンヌ 中村梓

PDFファイルのダウンロードはこちら(サイズ597KB)

2019年度 中小企業 IoT・AI・ロボット導入支援事業(IoT・AI・ロボット導入補助金)

ひょうご次世代産業高度化プロジェクト 補助金の公募が開始されました!

県内の事業者が、自社生産プロセスへの IoT・AI・ロボットの導入等によるものづくりの高度化、スマート化、生産性向上等を図る際に要する費用を支援します。また、県内の事業者が、IoT・AI・ロボット製品(機器、サービス)、又は IoT・AI 搭載製品(機器、サービス)の開発、または商品化を図る際に要する費用を支援します。かかる支援を通じて次世代産業への新規参入や事業拡大を促進し、兵庫県内の新たな雇用を創出することを目的とします。また、今後県内事業者の IoT・AI・ロボットの利活用を普及促進するために、本事業では多様な利活用の事例を集積し、公開してゆくこととします。
なお、本公募要領で「IoT」とは、Internet of Things と定義される狭義の IoT に加えて、IT 技術、ICT 技術、デジタル技術、クラウド技術、センサー技術などを包括的に含み、ものづくりなどの企業活動の高度化、スマート化、生産性向上に資する機器、サービスおよび技術であると定義します。

公募期間:4/18(木)~5/31(金)

補助対象事業者:次の条件①~④を全て満たす事業者。
① 兵庫県下に事業所を有し、次世代産業分野の事業の拡大、新規参入、又は次世代産業分野の技術の利活用による雇用創出を目指す、主要指定業種又は指定関連業種の企業である。(公募要領 表1を参照)
② 働く場の充実、働き方改革を目指して、IoT・AI・ロボットの導入や IoT・AI・ロボット製品事業の開始または拡大を検討している。
③ 補助事業の途上又は終了後に、NIRO 又は兵庫県が刊行又はインターネットで公開する「事例集」等に事業の要旨を公開可能である。また、NIRO 又は兵庫県が主催又は共催、後援する発表会、セミナー等において、補助事業で実現した IoT・AI・ロボットの適用事例の発表が可能である。
④ 2019年4月1日~2020年6月30日の間に補助上限額で決まる所定人数の県内での新規正規雇用を行う。

公募要領等、詳しくは下記をご覧ください。
https://www.niro.or.jp/

<お問合せ>
(公財)新産業創造研究機構 技術支援部門 ものづくり・IoT 技術部
担当:玉垣、羽畑、星加
〒650-0046 神戸市中央区港島中町 6-1 神戸商工会議所会館 4F
E-mail: iot@niro.or.jp TEL:078-306-6806